ロングトーンの重要性/サックスレッスン、恵比寿、渋谷、代々木、池袋

サクラヒルズプランニング

080-5414-8497

〒335-0023 埼玉県戸田市本町
戸田公園駅より徒歩4分

営業時間 / 10:00〜22:00

ブログ一覧

ロングトーンの重要性/サックスレッスン、恵比寿、渋谷、代々木、池袋

LESSON / EVENT

2017/06/26 ロングトーンの重要性/サックスレッスン、恵比寿、渋谷、代々木、池袋

mv03

 

ロングトーンの重要性

 

サックス奏者向けのどの教則本にも(どのレッスンでも)、まず初めに書いてある(教えてもらう)のは「ロングトーン」だと思います。
その名の通り「長い音」です。

 

チューニング(音程)を合わせて、腹筋を意識し、音(息)をぶらすことなく安定させたまま出来るだけ長く一音を吹く、というものです。

息が苦しくなり、音もぐらついてきそうになったら、スパッと音を止めましょう。短冊形の音が真っ直ぐに続いているイメージで、崩れてくる前に音を止めます。それを少しずつ長く続けられる(長く吹ける)ようにしていきます。

 

 

今からサックスを始めてみようかなという方には、「そんなの簡単じゃーん」と思う方も居るかもしれませんが、決して簡単なことではなく、「音(息)を安定させる」ことの難しさは、実際に吹奏して初めて分かってもらえると思います。

 

これを基礎トレーニングの一つとして、初級から中級、上級へと進んだとしても、ウォームアップとして必ず取り入れていくことが大切です。

きっと初めのうちは、「ラ」とか「ド」とか、さては「ファ」とか、幾つかの音をロングトーンして終わると思います。慣れないうちは、この練習を連続して続けると酸欠状態になる可能性があるので気をつけて頂いて…。

 

 

レベルが上がるにつれ、出来れば、半音階を含む全部の音で、チューニングを気にしながらトレーニングしていくことを薦めます。

 

これは、サックス(管体)がご存知の通り、上部は細く、下部に行くにつれ太くなっている設計のため、上から下まで、自身の身体(喉、頭部内気管)は常に同じ状態にしたままでは、正しい音程には至らない楽器だからです。

 

 
初級のうちは、そこまで気にしなくてもいいです。むしろ一定の状態のまま下から上まで吹くことが出来ればいいと思います。

 
何故なら、自身の基準となる身体状態(喉の開き具合、頭部内気管の高さ等)をある程度定めておいた方が、変化させなければならない際の「変化させるべき程度」を知ることができるからです。

 

音程(以下、ピッチと書きます)が下がっている時、上がっている時、マウスピースの位置をずらしても解決しない場合は、身体をコントロールする必要があり、その際、どれくらいのアンブッシャーのプレス具合が必要か、喉はどれくらい広げれば(声帯部分を下げれば)とか、ヴォーカリスト同様に鼻腔でピッチの高さを微調整することもあるため、とりあえずは、いつもの無理なく吹ける状態を基準としておかなければ、上記のコントロールの際、「どれくらい○○したらいいのか?」(変化させるべき程度)が判断できないと思うからです。

 

 

中級、上級に至っては、ピッチをチューナーで極力厳密に合わせながら、全部の音をチェック、トレーニングすべきです。

 

上手に成ればなるほど、ライブの他、レコーディングに至っては、自分の音が録音物として残るわけです。ピッチが外れていては、恥をかくことになるのは目に見えています。
プロ志向ともなれば、その演奏には責任が生じることを考えれば当然ですよね?

レコーディングの際には、コントロールルームにエンジニアも居れば、プロデューサーやディレクター、作家やアレンジャーも居るかもしれないし、場合によってはスポンサー関係者の姿も見ることもあるかもしれない。

 

そんな中で、「ピッチに問題がある」と言った極めて最低ラインの必須条件でトラブルになることを想像してみて下さい。
レコーディングルームで何テイクも撮り直しのオーダーが入り、時間が過ぎて行く。レコーディングとは、時間と比例して(パッケージの場合もありますが)、会場費、人件費といった制作費がかさんでいくのです。
恐ろしくて堪りません。

 

 

ふふふ。とは言え、やるべき事は「正しいピッチを意識してのロングトーン」というシンプルなことではあるのですが、腹式呼吸から始まり、身体内部をコントロールする事は極めて難しい事です。

 

一流のプレーヤーですら、「ピッチに始まり、ピッチで終わる」という人もいるくらいです。それだけ重要だし、難しいということです。
どんなにカッコいいフレーズを吹いても、どんなに指が早く回っても、ピッチがずれていれば、それは「音痴な演奏」に過ぎません。
ちなみに、自分の師匠の一人、竹野昌邦氏は、「練習時間がなく時間を削らなければならない日は、ロングトーンだけを1時間。」と仰っていました。

 

ですので、これが「いや、自分は趣味でやっているから、そこまでは…。」と言わず、基礎の基礎として「正しいピッチを意識してのロングトーン」を取り入れて下さい。

今日は昨日より長く、明日は今日より長く吹いてみせる。と。

 

 

曲の難易度に関わらず、童謡だって演歌だって、エチュードだって、ポップスもクラシックもビバップも……、ピッチが整っていて、音圧もしっかり出せるようになってきて、強弱のコントロールもできてくると、その演奏は聴いている人だけではなく、自分自身の心にまで染み込んで来るものです。自分で演奏しているにも関わらず。

不思議ですが本当のことです。仮にピッチがずれていると、自分でも「何だか腑に落ちない演奏」となって、演奏後は首を傾げて終わるでしょう。

 

音圧も整ってピッチがバチッ!!ときていれば、スッキリとした心でサックスをケースにしまい込むことができるはずです。
本当です。

 

続けてみて下さい。

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
池袋、新宿、代々木、渋谷付近でのサックス教室を
お探しの方は、サクラヒルズプランニングへ!!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
サクラヒルズプランニング
http://sakurahillsplanning.com
埼京線 戸田公園駅より徒歩4分

TOP